Q&A

Q&A

よくあるご質問

Q鍼治療は痛くないのですか?
A痛くありません。鍼の細さ、前揉撚と呼ばれる鍼灸の手技、管鍼法と呼ばれる鍼の施術がゲートコントロール説と呼ばれる生理学的現象を引き起こし、痛刺激を抑えることなどが理由です。
Qお灸は火傷しないのですか?
Aいぼ、たこ、魚の目といった治療には意図的に火傷を作ります。しかし、温熱刺激のみが必要な疾患の治療には火傷を作ることはありません。程よい熱さのときにもぐさを取り去ります。また、温灸と呼ばれる直接皮膚にふれさせない輻射熱を利用したお灸もあります。
Q鍼やお灸の治療はどのような疾患に効くのですか?
A頭痛、顔面痛、顔面麻痺、眼精疲労、耳鳴り、下痢、便秘、肩こり、首肩の痛み、手足の痛みやしびれ、腰痛、膝の痛み、不眠、のぼせ、冷え症状、疲労倦怠、アレルギー疾患、ED、高血圧などに効果があります。
Q手技療法とはなんですか?
Aあん摩、マッサージ、指圧などを言います。施術者の手指を使った療法のことで、身体の各部をもみ、なで、さすり、たたく、などの施術をします。
Q社会保険や国民健康保険は使えるのですか?
A鍼灸およびあん摩マッサージ指圧も医療ですので疾患によっては、保険適用になります。(医師の診断書が必要です。)施術者にご相談ください。
Q鍼灸治療をどのように行われるのですか?
A現代医療に沿った治療方針を基本といたします。
ただ、疾患によっては経絡治療や中医学などの東洋医学による治療方針となる場合もあります。
Q鍼治療の場合、感染症が心配なのですが?
A鍼治療に 使用する鍼は使い捨てになります。従って一度使用した鍼は二度と使いません。これにより感染症のリスクを回避しています。使用した鍼は医療廃棄物として専門の業者に処理を依頼しています。
Q施術者の資格は?
Aあん摩、マッサージ、指圧などの手技療法は「あん摩マッサージ指圧師」という医療の国家資格、鍼治療は「はり師」という医療の国家資格、灸治療は「きゅう師」という医療の国家資格がそれぞれ必要です。これらに該当する国家資格を保有していない者が施術をした場合は無免許施術ということになり「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」の罰則規定により裁かれることになります。
勿論、当院、按癒堂では国家資格保有者が治療にあたります。
Q治療はどのくらいの時間を要しますか?
A手技療法は患者様(お客様)の指定していただくお時間内で施術させていただきます。鍼灸治療の場合は症状などでお時間が変わってきますが、45~70分程度とお考えください。場合によっては90分施術もあります。
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • BLOG